講演会

年1回、植物に関する興味深い話題やトピックスについて、数名の演者に講演をお願いしています。

会員以外も来聴できます。

  • 2019年度日本植物分類学会講演会のお知らせ(講演会担当委員 布施 静香)
  • 2019 年度の日本植物分類学会講演会は,大阪学院大学の林一彦先生に会場をお世話いただき,次のとおり開催いたします。
  • 日時:2019年12月14日(土)午前10時~午後5時05分
  • 講演会場:大阪学院大学 2号館地下1階2号教室(02-B1-02 教室)〒564-8511 大阪府吹田市岸辺南2丁目36番1号(電話:06-6381-8434)
  • 講演スケジュール
    • 10:00–10:05 ご挨拶
    • 10:05–10:55 稗田 真也(滋賀県立大学)
    • 10:55–11:45 本庄 三恵(京都大学)
    • (11:45–13:00 昼食)
    • 13:00–14:00 池田 啓(岡山大学)
    • 14:00–14:50 藤川 和美(高知県立牧野植物園)
    • (14:50-15:00 休憩)
    • 15:00–16:00 能城 修一(明治大学)
    • 16:00–17:00 高宮 正之(熊本大学)
    • 17:00–17:05 ご挨拶 林 一彦
  • 参加費:無料。ただし、お茶代として1人100 円のご協力をお願いいたします。
  • 事前申し込み:不要です。直接会場までお越しください。
  • その他:講演会終了後,大阪学院大学職員食堂(17号1階)で懇親会を行います。懇親会の参加費は 4,000円(院生・学部学生には割引あり)です。お時間の許す方は、どうぞこちらもにご参加ください。
  • 講演内容
    • 稗田 真也(滋賀県立大学環境科学研究科)「琵琶湖における特定外来生物オオバナミズキンバイの分類・生活史・管理について」
      • 特定外来生物オオバナミズキンバイは米大陸原産の抽水植物で亜種オオバナミズキンバイ(6倍体)と亜種ウスゲオオバナミズキンバイ(10倍体)がある。形態と染色体から琵琶湖集団は亜種ウスゲであることを明らかにした。形態可塑性があり水中から陸上まで繁茂し茎断片や葉で分散、再生する。フランス集団は自家不和合性とされるが、琵琶湖集団には自家和合性があり、セイヨウミツバチなどが送粉する。種子は泥中保存後に高い発芽率を示す。水鳥の糞中に発芽可能な種子が含まれることがわかったため分布水系から離れていても注意が必要である。英国では侵入初期に対応し複数地点で根絶した。早期防除のために管理者責任を確立する必要がある。
    • 本庄 三恵(京都大学生態学研究センター)「遺伝子の働きから見た植物の季節性」
      • 植物は季節を通して経験する温度ストレスや病食害に対し、様々な遺伝子を働かせて対応していると考えられる。しかし、自然生育地での遺伝子の働きについてその実態はほとんどわかっていない。最近、少量の葉から全ての遺伝子の発現を測定するRNAシーケンシング法を用いることで、自然環境下に生育する植物の季節性を研究することが可能となった。この手法を用いてアブラナ科の多年生草本ハクサンハタザオの遺伝子の働きを毎週測定し明らかにした。発表では、食害・病害防御に関わる遺伝子の季節性について紹介する。さらに、ハクサンハタザオとカブモザイクウイルスとの関係に着目し、植物が防御機構を季節によって変えながら長期に生育している様を紹介する。
    • 池田 啓(岡山大学資源植物科学研究所)「DNA解析から改めて考える日本列島の高山植物相の成り立ち」
      • 日本列島の中部地方をはじめとする標高の高い山岳には,低地では見ることのできない高山植物が見られる.これらの植物は,過去(第四紀)の氷河時代に日本列島よりも北に位置する寒冷な地域から南下した起源をもつと考えられている.しかし,最近のDNA解析では,北方系の高山植物と思われているものであっても,日本列島から北方に分布を広げた歴史をもつ可能性のあることが示されてきた.本講演では,これまでのDNA解析の研究成果を振り返り,日本列島の高山植物相の成り立ちについて分かってきたことを解説する.
    • 藤川 和美(高知県立牧野植物園)「ヒマラヤから横断山脈、そしてミャンマーへ。植物標本を採集する」
      • 生物種の実態を把握するためには、生きた植物を観察して調べ、記録となる標本の収集が欠かせない。これまで、海外学術調査隊に参加する機会をいただき、研究対象とする分類群を求めてヒマラヤ地域でフィールドワークを行ってきた。また、所属機関では、植物標本が十分に蓄積されていないミャンマーで、現地の共同研究者とともに植物多様性の解明を目指し標本採集を進めている。これら海外のフィールドワークを通じて得た地域植物相の特徴と現地調査の勘所を紹介する。
    • 能城 修一(明治大学)「先史時代の西日本におけるイチイガシの重要性」
      • ブナ科コナラ属のイチイガシの植物遺体は西日本の縄文時代から古墳時代の遺跡からは普通に出土する。その果実は,九州を中心として,約8000年前にはじまる縄文時代早期後葉以降,貯蔵穴の中から多量に見つかっており,そうしたイチイガシ果実の貯蔵は,稲作が導入された弥生時代においても北部九州を中心として検出されている。一方,イチイガシの木材は,近年の研究から,弥生時代から古墳時代の鍬や鋤の歯として,九州から関東地方南部において,もっぱら選択されていたことが明らかとなった。このように現在,照葉樹林が覆っている地域では,縄文時代から古墳時代にかけて,イチイガシの果実と木材は重要な資源として活用されていた。
    • 高宮 正之(熊本大学)「日本産シダ植物メシダ科ノコギリシダ属Diplaziumの分類に関する四半世紀の成果」
      • 岩槻図鑑「日本の野生植物シダ」(1992)から、海老原図鑑「日本産シダ植物標準図鑑?」(2017)の発刊まで25年が経過した。その間に様々な新事実が判明し、体系だけではなく種の取り扱いも大きく変貌した。本講演では、その期間私達が大きくかかわってきたDiplaziumを取り上げ、変遷を紹介する。岩槻図鑑には31種14雑種だが、海老原図鑑には31種25雑種が掲載されている。単純に見れば新雑種が増えただけのようだが、属名の変更、他の科や属に移ったもの、種が分けられたもの、種から雑種・逆に雑種から種に変更されたものなど、様々な変更が有った。

過去の講演会情報

年度講演者開催場所
2019年度稗田 真也「琵琶湖における特定外来生物オオバナミズキンバイの分類・生活史・管理について」
本庄 三恵「遺伝子の働きから見た植物の季節性」
池田 啓「DNA解析から改めて考える日本列島の高山植物相の成り立ち」
藤川 和美「ヒマラヤから横断山脈、そしてミャンマーへ。植物標本を採集する」
能城 修一「先史時代の西日本におけるイチイガシの重要性」
高宮 正之「日本産シダ植物メシダ科ノコギリシダ属Diplaziumの分類に関する四半世紀の成果」
大阪学院大学
2018年度伊東 拓朗「マンネングサ属の特異な生き様に着目した植物進化研究」
羽生田 岳昭「分子系統地理学的なアプローチで探る海藻類の移入」
高山 浩司「小笠原諸島南硫黄島の植物相とシマクモキリソウの再発見」
道盛 正樹「しだとこけ談話会を礎にして」
山田 敏弘「球果によるマツ属の分類と日本のマツ亜属の進化史」
塚腰 実「岐阜県可児市から見つかった新第三紀中新世のショウガ目果実化石」
大阪学院大学
2017年度永益 英敏「学名の読み方・綴り方ー学名のあれこれ入門編」
綿野 泰行「ハイマツとキタゴヨウ:交雑を通じた遺伝子の種間での交換」
木下 栄一郎「植物の生活史研究―生命表の利用」
邑田 仁「ヒマラヤ造山運動とテンナンショウ属の分化」
角野 康郎「日本の水草研究はどこまで進んだか」
大阪学院大学
2016年度藤井 伸二「海岸線の植物」
岩崎 貴也「日本の温帯林植物における集団分化の歴史:現在の遺伝的地域性はどのようにして形成されたか?」
海老原 淳「日本産シダ植物の多様性総覧を目指した新図鑑の試み」
戸部 博「ハナイカダとその仲間に見られる花と生殖器官の進化」
工藤 洋「河野先生とのフィールドワーク」
田村 実「広義ユリ科の世界」
大阪学院大学
2015年度瀬戸口 浩彰「地域社会と植物園と大学のネットワークで絶滅危惧種を守る試み」
長谷川 匡弘「ママコナ属でみる花形態の多様化と種分化」
伊藤 元己「植物の生物多様性情報の収集と利用」
加藤 真「昆虫における植物食の起源と多様な展開」
梅林 正芳「『植物図』について」
大阪学院大学
2014年度矢野 興一「アジア産スゲ属植物の多様性とその進化」
小林 禧樹「淡路島の植物相の特徴と注目される植物-改訂増補版を出版して」
掛澤 明弘「屋久島高地における植物の小型化現象-ヒメコナスビを例にして-」
菅原 敬「日本産カンアオイ属植物,特に常緑性カンアオイ類についての分類学的研究の現状と課題」
長谷部 光泰「陸上植物の面白さ」
末次 健司「従属栄養植物の奇妙な生活-植物が光合成をやめる際,必要になる適応とは?」
大阪学院大学
2013年度加藤 雅啓「着生シダ植物の進化」
西野 貴子「サワシロギク Aster rugulosus における湿地と蛇紋岩地帯への生態的適応」
井鷺 裕司「全個体ジェノタイピングによる絶滅危惧植物の保全」
門田 裕一「日本産アザミ属の分類学的研究─解決できた問題,できなかった問題─」
崎尾 均「佐渡島の森林植生 ―気候・地質・人為の影響―」
大阪学院大学
2012年度川窪 伸光「微速度・高速度撮影によるナチュラリスト感性の映像化の試み」
田中 伸幸「カンナ科とはどんな植物か~その混乱する分類と課題~」
山本 武能「ビーベルシュタイニア科の花と生殖器官の発生学的研究」
水田 光雄「新しい帰化植物の話題と侵入経路」
高橋 正道「白亜紀に咲いていた初期の被子植物の花を探す遙かなる旅路の先にあるものは?」
中西 弘樹「南方系植物分布北上の植物地理」
大阪学院大学
2011年度角野 康郎「日本の絶滅危惧水草をめぐって」
東 浩司「日本産セリ科植物の系統分類」
木場 英久「イネ科の小穂形態の基礎」
山住 一郎「シダの無配生殖と無胞子生殖―多様性を生む生殖法―」
狩山 俊悟「岡山県の植物と岡山県植物誌への取り組み」
大阪学院大学